男性型脱毛症(AGA)が起こる原因にはさまざまな理由があります。その中でもっとも大きな原因とされているのが男性ホルモンの影響です。では男性型脱毛症(AGA)を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

男性型脱毛症(AGA)の予防対策室

フラクショナルレーザーの治療も行われる男性型脱毛症

男性型脱毛症は遺伝的要因が大きいとされていることから、父親が患ってしまっている場合には子供もまた高いリスクを持っているものであり、そういった家系に生まれてしまうと避けて通ることができないものです。そのため、様々なアプローチによって男性系脱毛症の治療の試みがなされてきました。典型的なものは薬物療法ですが、体質によって効果があったりなかったりするのが問題であり、長い期間の治療を行ってもほとんど効果が見られないということも散見されます。それに対して物理的な治療法は確実に成果が上がることからより高い注目を浴びる傾向があります。薄毛治療の1つとして知られているのがフラクショナルレーザー法です。フラクショナルレーザー法はプラセンタを使用する治療法の一つであり、頭皮にレーザーで小さな穴を開け、その中にプラセンタを注入するという方法になります。髪の休止状態を発毛の方向に切り替える効果もあるとされているため、フラクショナルレーザー法は男性型脱毛症に対しても有効性があると期待されています。一方、簡便な対処法としてPS植毛シ-トを用いる方法も注目されるようになっています。植毛や増毛は簡便に髪を増やす方法であり、特にPS植毛シ-トは地肌に直接取り付けることで簡便にできることから注目されています。植毛を行うよりも簡単な施術で取り付けが可能であり、月に一回程度のメンテナンスが必要にはなるものの、定期的に整えることで自然な姿を作り出すことができます。PS植毛シ-トを利用することで男性型脱毛症によって髪が抜け落ちてしまった部分を補うことが可能であり、人工植毛や自毛植毛と並んで重要な増毛法として高い注目を浴びています。