男性型脱毛症(AGA)の予防対策室

男性型脱毛症(AGA)が起こる原因にはさまざまな理由があります。その中でもっとも大きな原因とされているのが男性ホルモンの影響です。では男性型脱毛症(AGA)を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

男性型脱毛症(AGA)の予防対策室

男性型脱毛症(AGA)の予防と対策

男性型脱毛症は、男性ホルモンが大きく関係していて、進行すると抜け毛が増えて生えてくる髪の毛が細くなります。そして産毛のような細い髪の毛ばかりになるので、地肌が露出して見た目に影響します。
男性型脱毛症の予防には、食生活の改善が挙げられます。必須ミネラルの亜鉛は、ホルモンの生成や活性化、バランスの調整などに関与しています。牡蠣やレバー、ごまに多く含まれています。
またイソフラボンも増えすぎた男性ホルモンを抑制するので、豆腐や味噌など大豆製品をよく食べるようにします。食事では摂取できない栄養素に、ノコギリヤシがあります。多くのサプリメントに配合されており、男性型脱毛症に効果的です。
食事が不規則な人はバランスよく食べることが困難なので、サプリメントで栄養を補うと良いです。しかし本格的に男性型脱毛症の対策を行う場合は、食生活の改善だけでは不十分で、医療機関で適切な薬を処方してもらうのが、最も効果的です。
男性型脱毛症の薬として医師が処方するのは、フィナステリドを主成分とするプロペシアです。男性型脱毛症の原因である5αリアクターゼの働きを抑制して、ヘアサイクルを正常化します。4人に一人は大きな効果を得られます。
プロペシアは効果を実感するのに、最低でも3ヶ月、長い場合だと半年以上かかります。また外服薬としてミノキシジルがあります。頭に塗布すると血行を促進するので、抜け毛の量が減ります。
これらの薬は、毛が生え始めて服用を止めると再び男性型脱毛症を進行させます。保険が適用されないので、薬を入手するのに費用がかかります。さらに副作用も一部の人が、軽度ですが確認されているため、服用する時は医師の指示に従います。

男性型脱毛症(AGA)の様々な治療法

男性の薄毛の原因として大きな注目を集めている男性型脱毛症ですが、これらを発症しても医療機関における適切な治療で薄毛を改善させることができます。そもそも男性型脱毛症は精巣で作り出されるテストステロンという男性ホルモンと頭皮付近にある5αリダクターゼという酵素が互いに反応し合うことでDHTという物質を作り出し、これが頭髪の根本にある毛乳頭にて完治されることによってヘアサイクルを乱して抜け毛を促していく病気のこと。この治療法としては飲み薬と塗り薬による治療が最も一般的です。
まずはフィナステリドという成分を含んだプロペシアなどの錠剤を服用することで、5αリダクターゼのII型の働きを抑制でき、これによってDHTの発生を抑えることができます。また、これにあわせてミノキシジルという成分を含んだ塗り薬を薄毛部分に塗ることで頭皮の毛細血管を拡張させて血流量を増加され、頭髪の成長に必要な栄養分を過不足無く補充させることが可能となります。
男性型脱毛症の治療法はこれだけでなく、他にも薄毛治療専門クリニックなどでは、成長因子や栄養分などを含めた溶液を頭皮に注射してそこから毛母細胞が活性化して発毛や育毛が促されていくというHARG療法なども展開されており、これは治療し始めてかなり早い段階にて効果が得られることでも知られています。
また、男性型脱毛症が進んで毛乳頭や毛母細胞を含んだ毛包が消滅してしまった人には、健康的な自毛を採取してそれらを薄毛部分に植毛する手法が効果的です。自毛なので遺伝子的にも定着率が高く、植え込んだ毛包がきちんと育てばそれらは生涯そこの場所で毛母細胞の細胞分裂を繰り返していくことが可能となります。

男性型脱毛症(AGA)に効果的な薬の種類

男性型脱毛症に使う薬は2種類あり、それぞれ特徴があります。まず内服薬のプロペシアです。プロペシアは男性型脱毛症の内服薬として、医師が処方する医薬品です。主成分のフィナステリドはかつては、前立腺肥大症の治療薬として使われていました。
しかし服用した患者の男性型脱毛症が改善されたことで、新たな効果が認められました。1997年にFDAの承認も受けています。プロペシアには、男性ホルモンが発毛を阻害する働きを抑制するので、発毛能力を回復する効果があります。
国が行った臨床実験では、3年間服用すると70%の人が改善しました。副作用として性欲減退や勃起不全、肝機能障害などがありますが、どれも症状が軽度で発症率も1桁です。
もう一つの男性型脱毛症の薬は、ミノキシジルです。ミノキシジルは外服薬で、直接毛母細胞に作用することで、細胞の分裂を活性化させ、発毛を促進します。ミノキシジルも元々は男性型脱毛症の薬ではなく、血管を拡張する効果があるとして高血圧の患者に処方されていました。
しかし患者が多毛症になるケースが多かったことで、発毛に有効活用されました。FDAに薄毛治療薬として認められたことで、世界中で使用されています。髪の毛は毛母細胞によって生成されます。
毛母細胞が細胞分裂を起こすのをサポートするのが、毛乳頭です。毛乳頭は発毛に必要な栄養素や酸素を血液から取り込んで、毛母細胞に供給しています。
男性型脱毛症の多くが血行不良を抱えているので、ミノキシジルが頭皮の血行を改善して発毛を促します。副作用には頭皮のかぶれや脂漏性皮膚炎があります。また低血圧の人は、血圧が下がりすぎるため、ミノキシジルを使う時は十分注意します。
■男性型脱毛症(AGA)の予防には薬を使いましょう
フィナロが人気